みりとの奇跡 ~ One in a million ~


小さな体で慢性腎不全・甲状腺機能亢進症と懸命に闘うみり(1989.7.1生まれ♀21歳)と、無知な飼い主ふたりの看護日記。
by miri-mama
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

1/7(金)① 謎の発作!! & 選択に次ぐ選択!! & 一緒の時がいい!!

※携帯日記より

ぴゃん会社
んがぁ仕事


朝、ぴゃんから三角カリカリ(スプーン1杯)


7時半、ゲー予告で飛び起きる。

ベッドの下にいたので、体をそっと支えて吐かせる。

少し消化されたカリカリ。


その直後、体が硬直。

頭が下へぐーっと下がり、手足も硬直。

やだやだやだやだ!!どうしよどうしよう!!

倒れないようにしばらく体を支えてるしかなかった。

その後、硬直は解けたような感じだが、ふらついて歩けない。


しばらく様子を見よう。


そのうちふらふらと歩きだし、ふらつきながらも人間ベッドにジャンプ。
なんとか乗れた。


ぴゃんにメールして、状況を伝える。


明らかに、今まで私が『寝起き麻痺』と呼んでいた麻痺とは違うような気がする。
寝起き麻痺のもっとひどい、もっと時間の長いものだった。


私は今日仕事で、10時半に家を出る予定。
物集めだから、とりあえず2号に任せられればいいんだけど、かき集める量が多いから、2号には無理かも‥

どうしよう‥

病院に電話して、症状を説明して、何かいい方法を聞いてみるしかない。
でも、病院は10時から。
あと2時間以上もある‥
とりあえず病院が開くまで様子を見ていよう。
10時からだけど、9時になったら誰かしらいるかな‥

みりは、カゴベッドに横になったが、目はつぶらず、ジーっとしてる。
自分でも何かが変だと思っているのかもしれない‥


とりあえず、病院に電話できる時間になるまで、寝室隣の部屋を看護部屋に出来るように片付け。
(2度の前庭障害の時にやったように)


9時、病院に電話。
院長はまだ来ていない。
代理でW先生が電話に出た。(多分みりは診てもらったことがない若い男の先生。)

状態を説明し、みりを連れて行かなくても済むように薬をお願いする。

発作を抑える錠剤と、座薬を準備しておいてくれるとのこと。


私が着替えてると、起き上がり、人間ベッドから降り、ごはんの所まで行き、食べずに戻り、ベッドにジャンプ、カゴベッドに入り方向転換、横になった。

ふらつかずに全部出来たってことは、大丈夫なのかな‥


9時半過ぎ、病院に出発。

診察時間前だったが、先程のW先生が応対してくれた。
発作止めの錠剤(ホリゾン)と、座薬(ダイアップ)。
発作状態の最中は錠剤も飲ませられないだろうから、その場合は座薬を半個入れるようにと。

カメラ覗くと、おとなしくベッドに横になっている。


10時過ぎ、大急ぎで帰宅。

おとなしく寝んねしてたのでそっとしておく。


目が覚めたのを見計らって、いつものお薬と、発作止めの錠剤(ホリゾン)。


しばらく様子を見る。


病院に出かけるちょっと前から発作は無く、普通に戻ったような感じがするけど‥

どうだろ‥

ベッドにも普通にジャンプしてるし‥

大丈夫かな‥?

とりあえずガガガっと仕事を片付けて帰って来よう。


11時前、出発。

隙を見てカメラ覗く。
おりこうに寝んね。


12時前、2号との待ち合わせ場所に近付いた頃、カメラを覗くと、みりが起き出し、グラグラ揺れてる。

よたよたしたまま人間ベッドから降りた。
そのうち、カメラの死角にいなくなってしまった。


12時、予定より30分遅れで2号と合流。

祈りながらガガガっと物集め。

あれから何度覗いてもみりの姿確認出来ず。


ダメだ、帰ろう。

もう1軒14時にアポが入っていたが、それはまた後で考えよう。

洋服の引き取りは2号に任せ、猛ダッシュで家へ引き返す。

こういう時、都心から離れた家なのはマジでイライラする。


ぴゃんとも連絡を取り、病院へも電話。


先程のW先生に、発作止めの錠剤を飲ませたことと、その後も発作状態が続いているかもしれないことを伝える。
W先『もし、心配なら、こちらでお預かりして様子みましょうか?もしこちらで発作が起きても、さっき渡したお薬を投与するしか方法は無いんですが、それでもよければ連れてきて下さい。連れて来る時は、先程お渡しした座薬(半個)を入れてから連れてきて下さい。』と。


カメラ覗くと、なんとか自力で人間ベッドに飛び乗ったらしく、ぴゃんのベッドの上に横たわっていた。
カゴベッドまでは辿り着けなかったらしい。


途中、事故渋滞もあり、超イライラしながらも、ここで私が事故起こすわけにもいかないし、安全運転で爆走。


カメラ覗くと、また姿が見えなくなっていた。


13時半、帰宅。

猛ダッシュで2階に行くと、クローゼットの扉の前の床(カメラの死角)に横たわっていた。

私の姿を見ると、『んにゃー』と力強い声で鳴いた。

ごめんねごめんねごめんね、んがぁが悪かった、ごめんね!

抱っこして落ち着かせる。


このままそばにいて抱きしめてあげてたらいいのか、病院に連れて行って、きちんと状態を診てもらったほうがいいのか‥
状態を診てもらえば、また先生の見立ても変わり、処方も変わってくるのか‥

頭ぐるぐる。

とりあえず、一人で家に置いとくことはできない。


仕事の物集めも今日やらなければ明日から連休に入ってしまう。

ぴゃんは、とにかく家に一人で置いといても危ないから、病院で一時預かってもらって、安静にさせてもらうのがいいと。

とりあえず、状態を診てもらおう。
その後のことは、それから考えよう。

‥と決心し、病院のしたく。

座薬を入れる。
初めてだから、超もたもた。

みりも嫌がり、ちょっと時間がかかってしまったけど、なんとか入った。


みり、ごめんね、バッグの中のほうが安静に出来るから、ちょっとバッグに入ってようね。


14時、病院到着。

着いたよーっと声をかけてもなんの反応も無いので、慌ててバッグのふたを開けると、みりが変な体勢になったまま動かない。
一瞬意識が無いように見えて、驚いて『みり?』と撫でると、頭を上げ『んん?』と私を見る。


あーびっくりしたー(ToT)


病院は12時から15時が休憩時間なので、診療時間外。

でも、今朝のW先生が対応してくれた。
まずはみりの様子を見てもらう。

相変わらず頭ぶんぶん‥
c0201113_20323929.jpg

c0201113_20325634.jpg

c0201113_20331413.jpg



W先『脳に何らかの原因があるのは間違いないと思います。症状を見る限り、前庭症状でも無さそうですし、発作止めも効いてないようですし、もしかしたらもうこのままかもしれません。病院でお預かりすることも出来ますが、その間に亡くなってしまう可能性もあるということだけはわかっておいて頂いた方が‥。そばにいる時の方がいいということであれば、連れて帰って一緒にいてあげたほうがいいと思いますし、後は〇〇さんがどう看取るかだと思います。』

と。

前庭の時に飲ませたステロイドの事について聞いてみると、
W先『ステロイドは、炎症がある場合に有効ですので、以前の前庭も、ステロイドが効いて治ったとは言い切れないと思うんですよね。自然と治った可能性もありますので‥。もし、脳内に腫瘍があって、その周りが炎症起こしてて神経を圧迫しているとしたら、ステロイドは有効かもしれません。でも、もし血栓が原因だとすると、ステロイドを摂取することによって血栓が余計出来やすくなる可能性もあります。もし、〇〇さんがステロイドを試してみたいのであれば、やってみてもいいとは思います。つい先日血液検査もされてて、特に異常はなかったようなので、ステロイド処方できますので。』

と。

発作止めの薬が効かなかった。というのが、私にはとても引っかかっていて、試せるものならステロイドを試してみたい、炎症の可能性に賭けてみたい、‥と思ったので、ステロイドはお願いすることに。

あとは、緊急時に投与する発作止めではなく、飲み続ける発作止め(フェノバール)を毎日飲ませてみますか?と聞かれたので、それもお願いする。

ステロイドは、すぐに飲ませてもいいと。
フェノバールは、朝晩。


薬の準備と会計を待つ間、今からの事をぐるぐる考えた。

病院に預けて、その間に何かあったら、多分、一生悔やむ。

でも、こんな状態で家に一人置き去りにもできない。

仕事の物集めもどうしても行かなければ‥(去年のうちに受けていた仕事だったので、今更誰かに丸投げもできない)

物集めの場所までは1時間ちょっとかかるけど、物集め自体は30分ぐらいで終わるし‥
発作止めの座薬が効いてきてみりが安静にしていられるのなら、このまま車に乗せてって、物集めしてる間2号にみりを見ててもらって‥

もしものことがあるとするならば、病院に預けてる間に‥とか、家に置き去りにしてる間に‥とかより、例え車の中だったとしても、その瞬間一緒にいてやれたほうがいい‥

そう決心して、車の中でステロイドを飲ませる。
バッグの中が安全だからね、シーツしてあるからちっちもしていいからね、んがぁと一緒にいようね、‥と言い聞かせて、出発。

高速乗るのは怖いから、出来るだけ下で行こう。

‥と決めて走り出すと、しばらくしてみりがバッグの中で暴れ出す。

発作!?

また発作!?

午前中の発作止めも、さっきの座薬も、やっぱり効かないってこと!?


脇に車を止め、みりをなでなでするが、一向に落ち着かない。

ダメだ‥
とてもじゃないけど連れて行けない。

しばし途方に暮れる。


‥と、ぴゃんからメール。
『なんとか明日休めるように調整した』と。
(ぴゃんは3連休びっちり仕事の予定だった。)



そっか‥
明日ぴゃんが家にいてみりを見ててくれるなら、明日動ける。
今日の物集めはアシにやらせてみて、明日チェックして、足りない物を買いに走ればいいか。

じゃ、もう、今日はこのまま家に帰ろう。

みりとべったりしよう。


2号にメール。
行けなくなった事を伝える。


ぴゃんが明日休みになったことと、今日の仕事を丸投げしたことで、一気に気が楽になった。

みぃちゃん、ごめんね。
おうちに帰りたかったんだもんね。
お仕事に連れて行くなんて言ってごめんね。
もうお仕事行かなくて良くなったから、みぃちゃんのそばにいるからね~。
おうちに帰ろうね~。


自宅に向けて、出発。





 ~②に続く~
[PR]
by miri-mama | 2011-01-19 20:21 | みり日記

最新の記事

誕生日
at 2013-07-01 21:58
天使ちゃん2歳
at 2013-05-29 23:58
MIU
at 2012-08-27 20:51
おかえり
at 2012-08-14 22:23
ペットロス『私の場合』⑨ ~..
at 2012-08-14 20:43

みり数値

【腎臓】
  日付  《BUN》《CRE》
'08.03.07《52.2》《2.0》
'08.03.20《33.3》《1.2》
'08.04.14《26.7》《1.5》
'08.06.14《32.8》《1.9》
'08.08.08《27.3》《2.2》
'08.09.27《33.9》《2.7》
'08.11.17《34.0》《3.4》
'08.11.22《36.5》《3.1》
'08.11.26《35.5》《3.4》
'08.12.13《36.0》《2.0》
'09.02.17《31.5》《1.8》
'09.05.16《43.1》《2.4》
'09.06.13《33.7》《2.4》
'09.08.08《37.1》《2.3》
'09.09.04《36.9》《2.1》
'09.10.05《29.7》《2.1》
'09.11.14《33.8》《1.6》
'09.12.19《36.3》《1.8》
'10.02.20《37.4》《1.5》
'10.04.17《30.7》《1.7》
'10.05.29《38.6》《1.9》
'10.07.31《37.2》《2.5》
'10.10.16《35.2》《1.9》
'11.01.04《40.1》《2.1》

参考基準値
BUN 17.6~32.8
CRE 0.8~1.8


【甲状腺】
'08.03.07 《5.2》
'08.03.20 《1.2》
'08.08.09 《4.4》
'08.11.17 《0.4》
'09.05.17 《1.8》
'10.02.20 《3.6》
'10.04.17 《4.8》
'10.05.29 《3.0》
'10.07.31 《2.5》
'10.10.16 《5.8》
'11.01.04 《3.6》

参考基準値 0.9~3.8

検索

ファン

ブログジャンル

猫

画像一覧